外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】インタファクス通信によると、ロシアのプーチン首相は2日の政府幹部会で、8月から実施している小麦などの穀物禁輸措置の見直しは、来年の収穫見通しが明らかになった後に可能になると表明。今年末の予定だった禁輸措置の解除が来年にずれこむ可能性を示唆した。世界有数の小麦生産国ロシアの輸出停止が長引けば、小麦の国際価格のさらなる上昇につながる恐れがある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信