外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で策定するテロ対策強化のための「行動計画」の骨子が14日、判明した。「暴力的過激主義を生み出さない社会」の構築を掲げ、貧困対策や教育支援を通じた生活水準の向上と、イスラム穏健派の勢力拡大でテロ抑止を目指す。文化遺産の破壊阻止でも結束を確認する。過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロ続発を踏まえ、貧困などテロを生む土壌を除去しなければ「暴力の連鎖」は防げないと判断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信