外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省は8日、電磁波で乗客の服を透視する「ボディースキャナー」による検査について、空港での保安検査に責任を負う各航空会社が設置を希望した場合、プライバシーの保護を条件に認可することを決めたと発表した。12月中に、国内空港の保安検査基準を定めるガイドラインを改訂し、設置を可能とする。スキャナーは、下着の中まではっきり見えることなどから、米国では反対運動も起きている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信