外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 空自発注の事務用品入札をめぐる官製談合で防衛省は14日、第1補給処(千葉)が05~08年度に締結した計311件、約75億6千万円に上る契約がすべて官製談合だったと発表した。うち計216件には航空機修理費などから計約60億円を流用していたことも判明。防衛省は同日付で外薗健一朗航空幕僚長を訓戒とするなど計50人を処分。外薗空幕長は24日付で退任、岩崎茂航空総隊司令官が後任となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信