外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国防総省は5月31日、最新鋭ステルス戦闘機F35の配備時期について、航空自衛隊が次期主力戦闘機として採用する空軍仕様は2016年12月を目標にすると発表した。空自は16年度中に空軍仕様4機を導入する予定で米配備とほぼ同時に受け取る形となる。発表は、空軍仕様F35が部隊へ配備可能な最低限の性能を16年12月には備えると同省が判断したことを意味する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信