外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 長崎県警に逮捕され窃盗罪で公判中の被告(39)が、街並みの写真をインターネットで提供するグーグルの「ストリートビュー」を使い、下見をしたと供述したことが1日、県警への取材で分かった。県警は被告について、13都府県で108件の窃盗を裏付けたとしている。グーグル日本法人は「写真は公道から撮影し、現地に行けば誰でも見られる。サービスをどう使うかはユーザー次第」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信