外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カールスバッド共同】米国で研修中の立命館大(京都市)の学生5人らのグループは29日、第2次大戦中にフィリピンで日本軍が強いて多数の米兵が死亡した「バターン死の行進」の生存者で元捕虜のレスター・テニーさん(96)とカリフォルニア州カールスバッドで面会し、戦争体験や原爆投下について意見を交わした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信