外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 横浜開港資料館(横浜市)が保管する1860年代の長崎市中心部の風景写真に、坂本竜馬や長州藩の桂小五郎(木戸孝允)らが倒幕について会談した料亭「玉川亭」の建物が写っていることが26日、分かった。長崎市が発表した。長崎市によると、玉川亭の写真が確認されたのは初めて。1864~66年に長崎を訪問した英国人写真家ベアトが撮影したもので、これまで市中心部を流れる中島川の風景として保管していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信