外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ドーハ共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権第2日は4日、ドーハで行われ、男子400メートル個人メドレーは瀬戸大也(JSS毛呂山)が3分56秒33の短水路日本新記録で2連覇し、萩野公介(東洋大)は4分1秒17で2位だった。萩野は100メートルバタフライの決勝にも出場する。

共同通信