外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バルセロナ共同】水泳の世界選手権最終日は4日、バルセロナで行われ、競泳男子400メートル個人メドレーは初出場の19歳、瀬戸大也(JSS毛呂山)が自己ベストを1秒41更新する4分8秒69で制し、日本人で2009年大会男子100メートル背泳ぎの古賀淳也(第一三共)以来2大会ぶりで史上3人目の金メダリストになった。個人メドレーで世界の頂点に立つのは五輪を含めて日本人で初めてだった。

共同通信