ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

競泳・萩野が日本新、初の5冠

 競泳の世界選手権(7~8月・バルセロナ)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は13日、新潟県長岡市で行われ、18歳の萩野公介(東洋大)が男子200メートル個人メドレーを1分55秒74の日本新記録で、同400メートル自由形を3分45秒42で制し、史上初の5冠となった。両種目とも派遣標準記録を突破して代表に決まった。女子50メートル背泳ぎは寺川綾(ミズノ)が27秒51の日本新で勝って100メートルとの2冠。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。