外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 9月の自民党総裁選を巡り、党内第3派閥の竹下派(55人)は8日、都内で幹部協議を開き、事実上の自主投票とする方針を決めた。衆院側(34人)は大勢が安倍晋三首相、参院側(21人)は石破茂元幹事長と、衆参で支持が分かれる状況を確認し、各議員の個別事情による投票も容認することで一致した。会長の竹下亘党総務会長は石破氏支持で派閥を一本化しようとしたが、衆院側の猛反発で断念した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信