外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 美人画で知られ、大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934年)が描いた原画6枚が、新潟県阿賀野市で発見された。原画は25~26年に読売新聞に連載された小説「審判」の挿絵。2005年まで市内で営業していた旅館「石水亭」の経営者二瓶文和さん(87)が昨年、市に寄贈した美術品約130点の中から見つかった。

共同通信