外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国国会の前外交統一委員長で与党セヌリ党の羅卿ウォン議員は14日、超党派の国会議員団を率い15日に島根県の竹島(韓国名・独島)を訪れる計画について、聯合ニュースに「国会議員が自国領土を訪れることが、なぜ問題になるのか」と述べ、訪問を強行する考えを示した。日本政府が韓国政府に竹島訪問の中止を求めたことに対する発言。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信