外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東証1部上場の中堅海運会社、第一中央汽船は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されたと発表した。負債総額は約1196億円で、信用調査会社の東京商工リサーチによると、ことし最大。中国の景気減速などを背景に、外航海運市況が低迷。経費の削減などに取り組んだが業績の悪化に歯止めがかからず、自力再建を断念した。

共同通信