外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力は9日、福島第1原発事故の収束作業を陣頭指揮し、病気療養のために退任した吉田昌郎前所長(56)が食道がんであることを公表。事故発生からの吉田氏の被ばく線量は内部・外部被ばく合わせて約70ミリシーベルトと発表した。東電はこれまでプライバシーなどを理由に、病名などを公表しなかったが、吉田氏自身がこの日、第1原発を訪れ作業員らに病名を告げた。東電は「被ばくによる可能性は極めて低い」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信