外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山梨県の中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故を受け、中日本高速道路と国土交通省は9日、事故が発生した上り線トンネルの打音検査による点検で、天井板のつり金具を固定する「アンカーボルト」の緩みや欠落、天井コンクリートのひび割れなど1211カ所の不具合があったと明らかにした。下り線トンネルで見つかった不具合は670カ所で、上り線でより劣化が進んでいたことになる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信