外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山梨県の中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故で、ワゴン車に乗っていて死亡した5人の遺族10人が13日、中日本高速道路(名古屋市)の金子剛一社長ら4人に対する業務上過失致死容疑での告訴状を山梨県警に郵送で提出した。代理人の弁護士が明らかにした。告訴状によると、笹子トンネルは完成後約35年が経過して設備が老朽化しており、天井板が崩落する事故の発生を未然に防止すべき注意義務を怠ったと指摘。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信