外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天井板つり金具のアンカーボルトなど約670カ所に不具合の見つかった山梨県の中央自動車道笹子トンネル下り線(4717メートル)で、不具合の割合が25%を超える区間のあったことが21日、国土交通省の専門家委員会の調査で分かった。国交省によると、下り線を60メートルごとに区切って調査したところ、東京側入り口の近くで160本のアンカーボルトの25%以上に当たる43本に緩みなどの不具合のある区間があった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信