外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 9人が死亡した山梨県の中央自動車道笹子トンネル事故で、国交省の専門家委員会は18日、事故原因の最終報告書を公表。つり金具のアンカーボルトをトンネル天井に固定する部分が施工不良や接着剤成分の劣化、換気の風圧などによって強度が低下し天井板が崩落したと結論付けた。報告書によると、崩落はトンネル内で天井が最も高く、天井板のサイズや重さも最大だった区間で起きた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信