外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天井板崩落事故が起きた山梨県の中央自動車道笹子トンネル上り線で、崩落しなかった天井板のつり金具アンカーボルトを引き抜き試験した箇所の6割が、設計上の荷重耐久力を下回っていたことが1日、国土交通省の調査で分かった。ボルト自体やトンネル本体天井部コンクリートの強度は、ほぼ問題なかったことが各種試験により判明。ボルトやコンクリートではなく、固定部の接着剤の不足や劣化が崩落の原因だった可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信