外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 天井板が崩落し9人が死亡した山梨県の中央自動車道笹子トンネル上り線で、事故の11年前の01年に天井板つり金具のアンカーボルト4本の引き抜き試験をした際、うち1本の固定部分に定着不足が確認されていたことが27日、国交省の調査で分かった。国交省の専門家委員会は同日、4回目の会合を開き、当時の試験結果がその後の調査や安全点検に反映されなかったとみて、旧日本道路公団や中日本高速道路の保全体制の問題点について議論。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信