外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中部空港から旭川空港に向かっていた全日空325便ボーイング737の対地接近警報装置(GPWS)が鳴ったトラブルで、札幌航空交通管制部の管制官が、降下させてはいけない誤った高度を指示し、垂直距離で地表まで約520メートルまで接近したことが27日、国土交通省の調査で分かった。操縦士は当時の状況を「常時、雲の中だった」と話しており、視界はほとんどなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信