ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

節電対策の3時間半ルール撤廃

 プロ野球の実行委員会は7日、震災後の節電対策として導入していた「試合開始から3時間半を超えて新しい延長回に入らない」という特別ルールを今季から撤廃することを決めた。長時間試合を防ぐことで節電効果を見込んでいたが、試合時間の大幅な短縮はみられず、セ・リーグは延長十二回制に戻す方針を固めていた。3時間半ルール」は福島第1原発事故で厳しくなった電力事情を考慮して、2011、12年シーズンに実施された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。