外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国防総省は15日までに、米国や同盟国に対するサイバー攻撃に対し「攻撃的なサイバー作戦」で反撃する意思を明記するとともに、「軍事力を含むあらゆる手段」で対処すると宣言した報告書を議会に提出した。オバマ政権が7月に公表したサイバー防衛戦略は、軍事的報復やサイバー空間での作戦実施について言及を避けていた。中国やロシアに対する抑止力を強化するため、反撃力の明示に踏み切った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信