外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク州の連邦地裁の陪審は13日、任天堂が携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」で、元ソニー社員が保有する特許を侵害したとして、任天堂に3020万ドル(約29億円)の損害賠償を命じる評決を出した。ロイター通信が報じた。特許は3次元立体(3D)映像の技術。元社員側は任天堂がこの技術を使ったと主張したのに対し、任天堂側は3DSでは特許の主要部分は利用していないと反論していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信