外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バトンルージュ共同】1992年に米国留学中の服部剛丈君=当時(16)=が射殺された事件から20年が経過したのを受け、米国の銃犯罪を考える集会が20日、ルイジアナ州バトンルージュで開かれた。母美恵子さん(64)が出席し「人々を自衛目的の銃所持に走らせる恐怖感を取り除き、安全な環境をつくる道を選ぶべきだ」と銃規制強化を訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信