外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米ミネソタ州上空で21日夜、ノースウエスト航空の旅客機と管制官の交信が1時間以上途絶え、目的地のミネアポリスの空港を約240キロ通り過ぎた後、引き返していたことが分かった。米運輸安全委員会が23日までに発表した。パイロットらは「会社の方針に関する議論に夢中になり、注意散漫になった」と説明しているというが、安全委などは、居眠りしていた可能性もあるとみて調査を進している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信