外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米インディアナ州コロンバスで25日朝、日本人夫妻が住む民家に小型飛行機が墜落、炎上した。民家はほぼ全焼したが夫妻は無事。飛行機に乗っていた81歳の男性ら2人が重軽傷を負った。民家に住んでいたのは商社の現地事務所長中尾忠さん(53)と妻宏子さん(51)。忠さんによると、事故当時、家には宏子さんがおり、洗濯していると飛行機が突然突っ込んできた。とっさに脱出すると墜落機は炎上した。

共同通信