外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】昨年12月に小学校銃乱射事件が起きた米東部コネティカット州で先月成立した銃規制強化法は、「武装の権利」を認めた合衆国憲法に違反するとして住民や銃販売業者が22日、執行停止を求める訴訟を連邦地裁に起こした。原告側は同日、声明を発表。原告には、警官が駆け付けるまでに45分かかるへき地の高齢女性や、ユダヤ教会堂への侵入被害を受けたユダヤ教指導者も含まれるとし銃武装の必要性を訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信