外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヌサドゥア共同】ミャンマーのテイン・セイン大統領は19日、一連のASEAN関連会議終了後、インドネシア・バリ島で共同通信など内外の一部メディアと会見、米国との関係改善に強い期待を示し、来月のクリントン国務長官の訪問後、オバマ大統領がミャンマーを訪れることも「可能だ」と述べた。また、民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんとの協力関係を続け、さらなる民主改革を実行する方針も明言した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信