外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】リビアが昨年、高濃縮ウラン5・2キロ入り容器を首都トリポリ郊外の核施設の滑走路上に意図的に約1カ月放置、放射能漏れや強奪される危険が高まっていたことが「ウィキリークス」公開の米外交公電で分かった。英紙ガーディアンが3日報じた。最高指導者カダフィ大佐が国連総会に出席した際、国連がある米ニューヨークで、宿泊用テント設置を当局に断られた「侮辱」への報復という。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信