ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米の国益損なうと懸念

 【ワシントン共同】米議会調査局は8日までに、日米関係に関する報告書を発表し、安倍晋三首相の歴史認識やそれに関連する発言は「東アジアの国際関係を混乱させ、米国の国益を損なう可能性があるとの懸念を生じさせてきた」とする見解を掲載した。また、首相を「強固なナショナリストとして知られている」と指摘。従軍慰安婦や歴史教科書、靖国神社参拝に関する首相の言動は、米国からも「常に監視されている」と記した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。