外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米シンクタンク、新米国安全保障センターのクローニン上級顧問は17日までに、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を県内に移設する現行計画を再検証すべきだとの提言をまとめた。代替施設の滑走路の長さが不十分な上、沖縄の反対が続くことなどを理由としている。近く公表する。同氏はアジア戦略を中心とした安保専門家で、政府に一定の影響力を持つ。米専門家の間にもなお慎重論があることを示したといえる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信