外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米環境保護局(EPA)は29日、大気汚染防止に向け、ガソリンに含まれる硫黄分を日本並みの水準に引き下げる新たな排ガス規制案を発表した。オバマ政権の環境対策の一環で、2017年の導入を目指す。環境保護団体は歓迎しているが、石油業界はガソリン価格の高騰につながるとして猛反発。議会でも共和党を中心に反対論が上がっており、実現には曲折もありそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信