外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】白血病で余命わずかと診断された米ペンシルベニア州の男児(2)が、両親の結婚式に父親の付添人である「ベストマン」として参列した。多くのメディアが報道し注目を集めたが、男児は2日後の5日に亡くなった。米メディアによると、男児は2010年10月生まれのローガン・スティーブンソンちゃん。1歳の誕生日を迎えた直後に骨髄性白血病と診断され、昨年7月に幹細胞移植手術を受けた。

共同通信