外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】中国の崔天凱駐米大使は米外交専門誌フォーリン・アフェアーズとのインタビューで、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日本との対立について「米国ができる最善のことは真の中立を保つことだ」と指摘、オバマ米政権の介入を拒否する考えを示した。最新号に掲載するインタビューの内容を、同誌が電子版で4日公表した。インタビューは5月15日に行われた。崔氏は、6月7~8日の米中首脳会談を前に米側をけん制した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信