外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】2010~11学年度に米国の大学に在籍していた日本人留学生が前年度比14・3%減少し、10年前の半数以下となったことが米国際教育協会(IIE)の調査で15日までに分かった。国・地域別では7位にまで順位を下げ、2年続けてトップの中国と対照的。日本の急激な落ち込みは各国の中で際立っており、近年指摘される若者の内向き志向がさらに強まっている様子がうかがえる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信