外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米エネルギー省の監察部門は24日、同省に対するサイバー攻撃が昨年増加し、被害をもたらしたケースもあったと警告、対応強化を求める報告書を発表した。同省傘下で核兵器を管理する核安全保障局(NNSA)は、同局が危険に直面したことはないとしている。ロイター通信が伝えた。報告書によると、政府全体に対する攻撃も1年間で4割近く増加した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信