世界の出来事

 【ニューヨーク共同】米国とキューバを結ぶ定期便の運航から撤退したり、事業を縮小したりする米航空会社が相次いでいる。54年ぶりの国交回復を受け、鳴り物入りで昨年8月末に運航が再開してからわずか半年余り。商機とみて参入した各社だが、供給過剰で事業の見直しを迫られた。

共同通信

 世界の出来事