外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】オバマ米大統領は20日、訪問したサウジアラビアの首都リヤドでサルマン国王と会談し、両国の戦略的関係の重要性を再確認した。オバマ氏は、過激派組織「イスラム国」(IS)対策強化の重要性を強調、米軍主導の有志国連合に参加するサウジに謝意を伝えた。米ホワイトハウスが会談内容を発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信