外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】火星への有人宇宙飛行を想定して、地上の閉鎖空間で520日間暮らす実験をしたところ、参加した6人の男性の多くに体内時計の乱れが原因とみられるさまざまな不眠症状が現れたと、米ペンシルベニア大などの研究チームが7日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。米国は2030年代に火星有人飛行を目指しているが、成功には飛行士の睡眠を保つための工夫が必要だと研究チームは指摘している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信