外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国家安全保障会議は10日、旧ソ連諸国の解体核兵器から出る濃縮ウランを米国が購入し、発電用燃料に転用するロシアとの共同事業が完了したと発表。冷戦の「負の遺産」を処理するため、20年にわたり続けられてきた核廃棄計画の一つが終わった。

共同通信