外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】オバマ米大統領とロシアのプーチン大統領は28日、ニューヨークで会談し、シリア情勢を協議した。米政府高官は会談後、シリアのアサド政権の役割をめぐり「根本的な見解の相違がある」と述べた。一方、プーチン氏は「相違克服に向け努力することで一致した」と強調した。

共同通信