外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ハンブルク共同】トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領は7日、ドイツ北部ハンブルクで初会談し、内戦が続くシリア南西部の停戦で合意した。シリアの緊張緩和へ連携する決意を示し、冷却化した米ロ関係修復の一歩とする狙いだ。トランプ氏は昨年の米大統領選干渉疑惑も取り上げたが、プーチン氏はロシアの関与を否定。北朝鮮の核・ミサイル問題への対応では溝も残った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信