外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米首都ワシントンのポトマック川近くにある池タイダルベイスン沿いに植えられた桜が4月に入りようやく開花。快晴となった日曜日の7日、大勢の家族連れなどが花見や散策を楽しんだ。この地域に桜が植えられたのは、日本から101年前に桜が贈られたのが始まり。池周辺に日本風遊歩道を整備する起工式も開かれた。桜は今週中に満開になる見通し。起工式を前に、佐々江賢一郎駐米大使があいさつした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信