外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米下院軍事委員会は22日までに2014会計年度(13年10月~14年9月)の国防権限法案の原案を発表し、政府が要求した在沖縄海兵隊のグアム移転費約8600万ドル(約89億円)を全額計上した。執行を凍結中の日本政府提供資金についても凍結を解除し、全面的に使用できるとした規定も盛り込んだ。法案は6月5日に同委員会で可決され、本会議に送付される見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信