外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米下院外交委員会は29日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力強化に向けて、国務省にテロ支援国家再指定を求める超党派の法案と大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を非難する決議などを可決した。北朝鮮抑止へ強硬路線を取るトランプ政権を後押しする。

共同通信