外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米下院本会議は7日、オバマ大統領が内政の最重要課題と位置付ける医療保険改革法案を220対215の賛成多数で可決した。オバマ氏が目指す年内の法案成立に向け前進。今後は上院での審議が焦点となるが、難航は必至だ。法案は多数の国民が無保険状態にある現状の改善が目的。本会議では民主党議員258人のうち39人が反対に回った。共和党議員1人が賛成した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信