外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ケリー米国務長官は5日、就任後初めて中国の楊潔チ外相と電話会談し、北朝鮮が核実験に踏み切った場合は、国連安全保障理事会決議に基づく追加的な措置の必要性があることを確認した。日本、米国、韓国、中国が、北朝鮮の核実験に反対する姿勢を鮮明にし、足並みをそろえた。ヌランド国務省報道官が5日の記者会見で明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信